FC2ブログ
プロフィール

スコウの中の人

Author:スコウの中の人
 
PBCド初心者。
初めての旅路はペティットから。
大抵おたおたしてるダメPL。

色んな方と絡んでみたいと思いつつ、
入室ボタンが強敵すぎる日々。

ご連絡な諸々は私書箱まで。
構われると全力で喜びます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者さま
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC:スコウに関してのいろいろ

スコウの背景設定とかあれやこれや。
その内PC名簿の死に設定とまとめて整理したいところ。
 
 
【背景】
山脈を挟んでヤルネヒト側、北世界にある小さな街の生まれ。山と森に囲まれ、雪深く、夏でも暑くならないところ。
小さいながらも色々な種族が入り混じって暮らしている。
両親は別の国の出身で、冒険者として街にやって来てそのまま腰を落ち着けたらしい。
家族構成は両親+弟の4人家族。
小さな頃から弟と一緒に森を遊び場にしていた為、気配を消して狩りをしたりはお手の物。
19歳のとき両親が「若いうちに世界を見て来い」などと言い出し、あれよあれよという間に旅に送り出された。
たまに両親に顔を見せに帰っている。
  
【本人】
見た目は中肉中背で至って普通。間違っても華奢ではないが、太っている程でも無い。
筋肉はついている。6つには割れてないけれど2つ位にはなっているかも。
堅い筋肉ではないのでゴツくはない。
 
【獣人の種族的なもの】
見た目はほぼ人間で、耳と尻尾、瞳孔にのみ獣性が残る。
筋肉自体が人間とは異なるらしく、密度が高く怪力を発揮できる分重いが、何故か柔らかい。
体温自体が高く、平熱38℃くらい。
女性でも体重の倍程のものを持ち運びできる。
寒さに強く氷点下の中でも薄着で過ごしていたりする。暑さには弱い。
夜目が利く。眩しさにも強く、動体視力も良い。
近視。日常生活で眼鏡が必要なほどではないけれど、遠くはぼんやりぼやけて見える程度。
爪の伸縮が可能。でも使うと爪が痛むのであまり使いたくはないらしい。最終兵器。
肉球は無いものの、代わりに手のひら・足の裏が全体的にぷにぷにしていて厚みがある。
木登りや狩りの際の消音に役立つ。

【性格】
深いことはあんまり考えていないし考えられないタイプ。難しい事は面倒ですしニガテです。
喜怒哀楽が結構そのまま表情(と耳と尻尾)に出るものの、聞いたら面倒そうな事は聞かない振り。
尻尾の毛並みがプチ自慢。褒められると嬉しくなる。
甘いものには即座に釣られ、安くないはずだった毛並みをモフらせる事も厭わない。
女性や子供には色々な基準が甘い。
実はこっそり体重を気にしている。体重の話を振るとイイ笑顔になって凄むかも知れません!

【名前】
スコウ・カットで「森の猫」。
両親の故郷の言葉であり、名前の意味だけは知っている。
子供が生まれてくるとき、相性のいい名前を占いで決めてもらう風習があるらしい。

【そのほか】
ノルウェージャンフォレストキャットな獣人。
狩りや戦闘、薬草や食べ物探し、森の中ならなんでも得意。
一人で行動しているときは強いモンスターにあわないジンクスがある。(→ほとんど戦闘したことが無いのはこのため。)
服選びは動きやすさ優先。けど街にいるときはちょっと恥ずかしいのでローブをほとんど脱がない。さながら街中でテニスウェアなんかを着ている気分?
今後服装も変わるかもしれません。
旅をしていたらいつの間にか敬語っぽい喋りが定着していた。

【好きなもの】
甘いもの・おいしいもの・見晴らしのいい場所・お風呂

【嫌いなもの】
ネギ・暑さ・体重の話

身長:163cm 体重:60kg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。